仕事紹介

あしたをつくる、
あつい仕事

販売スタッフ
2017年入社

中根克哉

愛知県岡崎市出身。愛知産業大時代は硬式野球部に在籍し、学生コーチとしてチームを支えた。

大学野球部の先輩に憧れて
同じ道を進むことに

私が愛知日野自動車に入社をした大きな理由のひとつは、大学の野球部在籍時にとてもお世話になった1学年上の先輩がいたからです。その方は後輩の面倒見がよく、先輩風を吹かせるようなことなどありませんでした。「自分もああなりたい」と手本にしていた、心から尊敬できる憧れの人です。OB訪問をした際、「将来性がある、いい会社だぞ」と勧めてくれたので、ぜひ私も働いてみたいと思いました。
入社を決めたもうひとつの理由が、トラックのトップブランドだということです。日本の流通を支える、名の通った会社で「自分の力がどこまで通用するか試すことができる」のも、とても魅力に感じました。

親身になって相談に乗ってくれる、上司・先輩社員がいるので安心

入社したての頃は「仕事を覚えられるだろうか…」と心配でした。でも、上司や先輩方が1から教えてくださったので、不安はすぐに吹き飛んでしまったことを覚えています。
愛知日野自動車・販売チームの良き伝統は、上下の垣根がないこと。どんな些細なことでも親身になってアドバイスをしてくれます。また、私の意見を頭ごなしに否定することもありません。聞く耳を持って、丁寧に対応してくれます。代々受け継がれてきたこの良き伝統は、ぜひ守っていかなければ。新人が入ったら、私もできるだけのことはしてあげたいと思います。

年4回の賞与でやる気度アップ
諸条件や福利厚生も充実

給料や休暇、福利厚生などの条件面はとても充実していると思います。何と言っても一番の魅力は、賞与が年4回もらえることです。他社に行った友人もうらやましがっています。3カ月に1回の支給日は、とてもテンションが上がりますよ。仕事に対するモチベーションも上がって、「ガンバロー!」という気持ちになりますね。
また、入社してから休日出勤をしたことは、ほとんどありません。さすがに繁忙期は無理ですが、そうでない時期であれば有給休暇も普通に取ることができますよ。オンとオフのメリハリがしっかりしているので、どちらの時間も充実しています。

お客様との信頼関係を築き
頼りがいのある営業マンに

初めて自力でトラックを売ったのは、入社2年目になってすぐのことでした。契約書に印を押す時は手が震えたことや納車時にうれしさのあまり涙が出そうになったことは、今でも昨日のことのように覚えています。
もちろん、販売できたのは私1人の力ではありません。上司や先輩方がフォローしてくださったおかげです。教えられた通り、お客様と信頼関係を築けたことが、販売につながりました。この時の感動を忘れずに、これからはもっとお客様に頼られる営業マンになりたいと思っています。

働く仲間からのコメント

上昇志向があって仕事熱心
誰からも好かれる好青年

とにかく仕事に関しては真面目で熱心ですね。質問が大好きで、「こんな時はどうすればいいか」「こんな提案をしようかと思っている」など、あれこれ相談をしてくれます。相手の懐に入るのがうまいというか、こちらも応援しようという気になりますね。持ち前の明るさでお客様にもかわいがられています。
(柴田光敏 販売チームの上司)

失敗も成長の糧に勇気を持ってチャレンジを

中根君が入社した頃、主に私が教育係でした。一緒にお客様回りをしましたが、意欲的で仕事を覚えようとしていました。注文を付けるとすれば、「もっと失敗をしろ」と言いたいですね。若いんだし、勇気を持っていろいろなことにチャレンジすべき。失敗も糧にして、もっと成長してほしいですね。
(亀澤浩明 販売チームの先輩)

とある一日のスケジュール

8:30 会社に到着 メールチェックや当日の仕事の準備など
8:50 朝礼
9:00 外回り 東三河エリアに300件ある顧客を訪問
12:00 昼食 外出先の車内で愛妻弁当を食べる
13:00 外回り
16:00 帰社 見積書や提案書、日報の作成などの事務作業
19:00 退社

休日の過ごし方

学生時代に結婚した妻とまだ小さい子ども(近々2人目が生まれる予定)がいるので、休日はもっぱら家族サービスです。近くの公園へ遊びに行ったり、ショッピングセンターへ買い物に出掛けたりしていますよ。仕事の日は、帰宅しても子どもが寝てしまっていることが多いので、休みぐらいはできるだけ一緒に過ごしたいですね。笑顔を見ると、どんな疲れも吹き飛んでしまうから不思議です。
ほんのたまにですが、お客様に草野球に誘われる時も。妻も快く送り出してくれています。お客様との関係性を深めることができますし、学生時代に野球をやっていてよかったですね。

応募者へのメッセージ

社会人として成長し自己実現を

将来は上の役職に就きたいと思っています。若い社員がこういうことを言うとよく思われない会社もあるようですが、この会社は風通しがよく先輩方も「頑張れ!」などと声を掛けてくれます。社会人として成長し自己実現をしたいと思っている人にはぴったり。ともに高みを目指してみませんか。

※所属や業務内容は2019年3月時点のものです。

あしたを一緒に、つくっていこう

あしたを一緒に、
つくっていこう